会長挨拶

江別水泳協会は、1970(昭和45)年6月3日に創立し、今年で45年目を迎えます。「市民皆泳」と「水泳は教育」であるとの理念のもと、関係諸団体のご指導・連携・協力 により、今日まで歩んでまいりました。  我が国は、島国で四面海に囲まれており、しかも河川、湖沼が多く水と接する機会が生活の中に溶け込んでおります。 自然界では動物と違い、人は生まれた時から泳ぎを身に着けているわけではなく、誰かに指導してもらわないと泳ぐことはできません。 私達がいざ水と遭遇した場合、泳ぎを会得するか、しないかで、生死を分けることになりかねません。       水泳は単なるスポーツとして楽しむ一面だけではなく、「自分の生命を守る」、「他人の生命を守る」事ができる「教養」であると考えます。  一方、競技としての水泳の特徴は、①老若男女の区別なく行える ②経済的にも手軽に行える ③道具を多く必要としない ④客観的な数字(記録)で自分の向上を把握できる ⑤世界中で水泳を楽しんでいる ⑥世界のトップになる高いレベルに位置しているなどが挙げられます。水泳界の世界記録は、各国のスイマー・コーチの科学的なトレーニングにより、今後更に、記録は更新される未知の領域であります。  水を媒体として、自己保全、記録の向上、健康管理、仲間づくり、人格の形成など、それぞれの自己実現に向けて活用していただきたいと思います。

江別水泳協会会長 川村 恒宏

069-0824  江別市東野幌本町21‐6
   TEL 070-5288-1578
   Eメール ka414510@point.gmobb.jp